こんなに酷いプレゼンを見たのは久しぶり。

テスラの成功後、シリコンバレーから電気自動車のスタートアップ機運が高まっています。その中で今のところ一番注目を集めているのがファラデイヒューチャー(FF)です。

そのFFの新車発表が新年早々にありました。

FFは去年からネット上で、この発表の為の情報を小出しにして期待値を高めていまので、そのプレゼンがYouTubeで同時配信されてるのを楽しみに見たのですが、余りの内容の薄さにガッカリ。

全然中身がないのに革新的とか、世界を変えるとか軽い言葉を多様。なんか見てるこっちが恥ずかしくなってしまうダメプレゼンでした。意識高い系の学生のプレゼンを見てるみたいでした。

電気自動車の会社が増えるのは良いことなんだけど、FFは資金繰りも上手く行ってみたいだしもう長くないかもね。

広告